地震のこと

Twitter等では書いておりますが、私のほうはまったくもって無事です。というか、自宅でお仕事をしている関係もあって、東京の交通網の麻痺などにも影響を受けず、まったく平常運転でいることができております。

縁の深い人の実家が茨城で、日曜の昼過ぎまで安否の確認が取れず、それまでの間その地域の情報収集のお手伝いをしていたので、一応、情報確認の方法など共有しておきますね。

まず、安否の確認をしたい時、その地域が停電等で携帯回線が止まっていたりすると、むこうからの情報発信はほぼできません。今回も、最終的には向こうの状況がおちついて、公衆電話からの連絡を受け取ってようやく安否確認ができた、という状況です。
変にそこかしこに電話をかけたりすると、それによって現地の限られた回線リソースや人の手を消費することになりますので控えたほうがよさそうでした。ひとまず災害伝言ダイヤル(171)等現地の負荷にならないものをチェックしつつ、「たよりがないのがよいたより」と信じてどんと構えているのがよいのかもしれません。

特定の誰かの安否の確認がとれなくて、ひとまずその人がいる地域の状況だけでも知りたい場合は
・mixiの各地域のコミュニティ
・Googleでその地域の地名で検索→左のリンクから「リアルタイム」を選んでリアルタイム検索する(Twitterでやりとりされているその地域名を含んだ発言が検索できます)
まちBBS
の順で精度の高い情報が集まりやすい状況になっているようでしたので、チェックしてみるとよいかも。他にGREEとかモバゲーとかそのあたりの大きなSNSであれば多少情報が集まるかもしれません。

あと、Twitter上であれこれ情報が拡散されたり、安否確認したいとの情報などが拡散されてましたが、被災された地域では、そもそも回線がつながらなかったり、携帯の電池も電気もネットワークのリソースも全て貴重な資源なので、ノイズの多いTwitterはあまり使えないと思います。ので、どれだけ情報をpushしても、現地には届きにくいんじゃないかなと思います。

むしろ、少しずつ情報環境がもどってきている今からが、Twitter上の情報が有用になる場面になってくるかな、と思いますので、よりよい情報が共有できるように環境整備できるといいのではないかなと。

あと、連日テレビ等で重苦しい、ショッキングな情報がたくさん流れてきてます。
こういう時って、どうしてもそれに影響をうけて気持ちに余裕がなくなってしまい、ピリピリしたり不安を抱えてしまいがちです。重たい情報は、見ているだけでも結構な心の負荷になるものです。安全なところにいるかたは時には情報から離れて、お散歩したり、楽しいアニメを見たり、ニコニコ動画でくだらない動画を見たり、気持ちのいい音楽を聞くなどして気持ちに余裕を持ちまっしょい。

なんというか、周囲で怒っている人や、悲しんでいる人、イライラしている人を見るというのは、見るだけでも何気にあれこれ結構消耗するものだと思うのです。逆に心に余裕を持って穏やかににこにこしたりしていれば、それだけでも、世の中に一つ「余裕」みたいなものを産み出すことができると思います。ので、お茶でも飲みながらゆっくりしていってね!!!

もしも眠れない時は拙作「オヤスミ」など、ゆったりした曲でゆったりまったりするのもオススメです(はいはい宣伝乙宣伝乙)

てなところで。

被災地に一刻も早く穏やかな生活が戻りますようお祈りしつつ。
備えられる事は備えつつ。
今生きているっていうこと、安全安心な場にいられることに感謝しつつ。
一人の人間として、いち音楽バカとして、できることがあればひとつずつやっていきたいと思っております。

This entry was posted in diary. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *